タキロンに任せて安心|暮らしに役立つ素材の紹介

工場

燃えても安心

作業員

ポリカーボネート製のフィルムで作られているのが、カーボグラスと呼ばれる素材です。建築用材として利用される事も珍しくなく、燃やしても有害物質が出ないので安心できるのです。

View Detail

様々なシーンで活用

ヘルメット

カーボグラスは使いやすいと人気の素材です。紫外線対策も強化されており、様々なシーンで活用されているでしょう。会社によっては特注生産品も受け付けているので、相談してみましょう。

View Detail

注目の素材

ヘルメット

ガラスは透明性が高く光もよく透すため、多くのユーザーに愛用されている素材です。しかしガラスが割れて破片が飛び散ると、人間は怪我をするリスクがあると言えるでしょう。そこで、別の素材が注目されています。

View Detail

加工しやすい

資材

カーボグラスの特性について

カーボグラスは、旭硝子が製造と販売している素材のブランド名で、一般名はポリカーボネート一般シート及び高機能シートと呼ばれるものです。一般に知られるポリカーボネートの旭化成の製品名とも言えるもので、カーボグラスの性質としては、耐候性、耐摩擦性、遮熱性、デザイン性などに優れている特徴を持ちます。また難燃性の性質を持っているので、火源を話すと火が消え、またほかのプラスチック樹脂に比べて有毒ガスの発生が少ないといったメリットがあります。対応温度もマイナス40度から125度と幅広く、あらゆる場所で使用することができ、さらに切断や穴あけが容易で、さらに軽量であるため、さまざまな場所で使われている素材となっています。様々な会社の中でも、 タキロンは有名です。タキロンなら安心して任せられる業者も多く、知名度は年々上昇しています。

主な使い道とメリットについて

カーボグラスはその透明性が確保できる一方で耐候性、耐摩耗性、遮熱性、難燃性の良さと加工性に優れていることから、さまざまな場所で使われる素材となっています。特に透明性が確保できることからそれまでガラスが使用されていた場所に広く使用され、一般にはパーテーションや照明カバー、発券窓口などに使われていますし、建物の壁または窓や屋根などに使われています。特に軽量性が求められるカーポートなどにも利用されています。 一方で、カーボグラスは加工性の良さから、薄くすることも可能でフィルムとしても使われ家電製品や事務機器、自動車部品などの銘板タッチパネルなどにも使われていますし、一体形成によって中空構造にしたツインカーボなども作られています。